高麗人蔘がもたらす更年期の症状を和らげる3つの効果

女性の更年期は平均して45歳〜55歳頃に症状を感じる人が多いようです。

その症状には個人差があり、全身に症状が現れます。

例えば、体のほてりや、冷えを感じたり、めまい、耳鳴り、息切れ、発汗したり、精神的な症状では、不安感や憂鬱感、やる気の減退など、このように症状は多岐に渡ります。

高麗人参は、自律神経を整えたり、神経のバランスを整える作用があり、血液の循環を良くしてくれます。

高麗人参の効果について見ていきたいと思います。

高麗人参に含まれるサポニンの作用について

高麗人参に含まれるサポニンは、特有成分の一つであり、ジンセノイドと呼ばれることもあります。

更年期障害の精神症状を改善する効果があります。イライラや憂鬱感、不安感などを和わらげ、
精神を落ち着かせたり、疲れを回復させます。

またサポニンは血液中の中性脂肪やコレステロール値を下げる効果もあり、女性のダイエットにも良いと言われています。

閉経を迎えると女性ホルモンの急激な変化により、同じ食事量をとっていても太りやすくなることがあります。

サポニンはそういった体質も改善してくれるようです。

更年期障害には血液の循環がもっとも大切

高麗人参に含まれるサポニンは、他にも血液の流れを良くし、自律神経を整える作用があります。

更年期障害にはこの血の巡りを良くすることが大切なポイントとなっています。

自律神経が整うことで、深いな身体的症状を和らげることができるのです。

閉経後の骨粗鬆症ん予防にも

女性は閉経を迎えると、カルシウム不足が深刻化します。

骨粗鬆症が男性より女性に多いのは、女性ホルモンが深く関わっているためです。

高麗人参に含まれるサポニンはこうした骨粗鬆症の予防に最適と言われています。

このように高麗人参に含まれるサポニンは更年期障害、また閉経後の女性ホルモン低下に伴う様々な症状を改善することができ、他に風邪はガンなどの生活習慣病にも効果が期待でき、美容効果もあり、昔から万能薬と言われているそうです。

女性にとっては大きな効能があると言えます。

ytugjbj