更年期障害にローヤルゼリーが選ばれる理由

辛い更年期障害の症状、ホルモンバランスの崩れ、自律神経の神経の乱れと言われていますがわかってはいても何年も付き合っていくのは気が遠くなる話です。

更年期障害に効果があるサプリメントとして、さまざまなものが出たり消えたりしているなか、王道とも言えるほど有名なのがローヤルゼリーです。

その理由はどこにあるのでしょうか?

不定愁訴は自律神経とホルモンバランスの崩れ

更年期障害の症状は「不定愁訴」とという言葉で表されます。

めまい、倦怠感、頭痛、動悸などいった身体的な症状があるにもかかわらず、検査をしても異常がなく、明らかな原因がわからない場合をいいます。

また体全体が疲れやすいといった全身に及ぶ症状がみられたり、頭痛が治ったら次は動悸がする、動悸が治ったら次は頭痛、次々と変化する症状が現れのも特徴です。

更年期障害における「不定愁訴」はホルモンバランスの崩れによる自律神経の不調が原因であることが多いものです。

なぜローヤルゼリーなのか

自律神経失調症によって出される薬は「安定剤」「抗不安剤」などの精神に作用する薬が主で、更年期障害の場合もこれらの薬と加えて「ホルモン剤」を処方されることがあります。

しかし、更年期の時期は長く、ずっと薬を飲み続けることに不安を感じる方も多いことでしょう。

そこで自律神経を整え、ホルモンの調整作用のあるサプリメントとして有名なのがローヤルゼリーです。

ローヤルゼリーにはアミノ酸、ビタミン・ミネラルなどが豊富ですが、栄養補助としての働きとしてなら一般的なビタミン剤には遠く及びません。

ローヤルゼリーの働きの主役として特有成分「デセン酸」が注目されています。

デセン酸は不和脂肪酸で女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをし、ホルモンバランスを整えると同時に自律神経も回復します。

またローヤルゼリーには神経伝達物質である「アセチルコリン」が含まれており直接神経に作用する効果が、デセン酸と一緒に働き、

更年期の症状の軽減作用があるとされています。

更年期障害特有の不調にぴったり合うサプリメント

処方される「ホルモン剤」と「安定剤」の両方の作用を含み持つサプリメントであるからこそ更年期障害に最適であるとされているのも肯けます。

栄養補助としての効果だけでなく、更年期の症状特有の体の機能の乱れを整えることで改善の期待がもたれるということが最大のメリットであり、選ばれる理由と言えるでしょう。

更年期障害が心配な方には予防として、症状が辛い方には治療の補助として効果を期待することができます。

ytugjbj