女性の更年期に起きるホットフラッシュについて

ホットフラッシュは、自分が意識をしていない時に、突然起こることがあり、とても困る症状です。

それは、突然に朝起きた時に起きることもあるし、仕事をしている時に、こんな時に起きると困ると思っている時等、起きることもあるのです。

それが自分でコントロールをすることができないということが、本当に辛くなります。
そのホットフラッシュについて、原因と対策について、まとめてみました。

ホットフラッシュの原因

ホットフラッシュは、自律神経が乱れることによって、血管の収縮が突然起こったり、拡張したりすることによることが原因です。

その自律神経が乱れる原因は、エストロゲンの低下によることがあるのです。

ホットフラッシュの症状

ホットフラッシュは、突然、身体が熱くなったと思ったら、汗がどっと出てしまうということがあります。

これは本当に突然起きてしまうので、自分でコントロールできないだけに、とても辛いこととなります。
特に仕事をしている時になってしまうと、その時点で集中力がなくなってしまいます。

また人と話をしている時になることもあり、そのときも相手の人に、気づかれることもあるので、気分的に落ち込んでしまいます。

ホットフラッシュを自分でコントロールできるものであると、そんなに辛いと感じることもないと思いますが、コントロールができないということで、気分が落ち込み、うつ状態となってしまうこともあります。

ホットフラッシュの改善方法としてホルモン療法

産婦人科を受診して、更年期障害と診断をされたら、ホルモン補充療法を受けることができます。

これは短期間でその症状を緩和させることができるので、早く改善をさせたいとも持っている人は、おすすめします。

自律神経を鍛える

自律神経を鍛えるために、適度の運動をすることをおすすめします。

運動をすることによって、ストレスも解消され、そのこともよい結果を生み出すことになります。

季節に応じて体温調節をうまく行う

ホットフラッシュは、季節に関係なく、その症状があります。

そのため、その季節に応じて、体温調節を行うことが大切です。

汗を多くかく夏には、普段よりも脱水になりやすいので、その点も注意をすることが大切です。

また冬には、ホットフラッシュの後に、寒くなることもあるので、体温調節をしやすいように、衣服を工夫することが大切です。

着脱しやすいようにすると、その症状が起きた時、おさまった時等、体温調節をしやすくなります。

ytugjbj